ブログ BLOG

多血小板血漿(PRP)療法について

患者さま本人の血液を用いて、多血小板血漿(PRP)を組成し、標的部位へ注入する「再生医療」になります。
血小板に含まれる成長因子は子宮内膜環境の改善を促すことが明らかにされています。
成長因子を多く含むPRPを子宮内に投与することによって、子宮内膜における細胞増殖、血管新生を良好にすることで、胚着床率の改善、および妊娠維持が期待できます。
数回移植して妊娠できていない方、内膜修復・活性化により着床環境の劇的な改善を期待します。